中学生1年の時、親の仕事の関係で転校を余儀なくされた

中学生1年の歳月、両親の仕事の関係で転校を余儀なくされた。転校前に在籍した中学生のクラスメートがはたして相応しい隊員で転校が決まった時折なんとなく涙してしまったほどである。
転校した授業はとてもふる里な授業で坊主念頭で荷物は肩かけ種類のものだし、なんとなく「ダセェ!」という舌打ちした。
あんな田舎のみっともない授業に「俗習」としてやっていた一種のペナルティがあった。それがドッグレースです。
ドッグレースは、四つん這いになって土壌をできるだけ歩くと言うか這いずるペナルティで、某テレビジョンの某番組で「これは何をしているグッズだ?」というクイズに取り上げられたこともあるグッズだった。
それほどミッドサマーの土壌でこれをやるとこたえた!
しかしながらこれがやるとかなりおもしろくて部活の連中でドッグレースコンペをしたら一番になってしまった。
見た目は四つん這いだし、ダサイものでその持ち味がしばらく屈辱を感じる周辺もあったけれど、今でも伝わるであろうドッグレースは中学生家計では一番の諳記になっている。http://xn--u9jxfif8en5g8etf8c2225byk4i.asia/