学生時代に一番夢中になっていたのは部活だ。

学生時代に一番夢中になっていたのは部活だ。
その授業には「音響部」という少し変わった部活があったので入ってみました。

事項としては頭数も薄く、個人が好きな楽器で好きな曲をやるだけの部活でした。
軽音楽部や吹奏楽部のように1つの目標に向かって、といった形ではありませんでしたが、好きな曲をやれた事が楽しかっただ。

当時はヴァイオリンを通じていて、部活の主将はピアノを通じていました。
ふと聴く音響の系統がおんなじだった事もあり、セッション形式で色々な曲を合奏したのは今でもおみやげに残っています。

因習祭の時にはじめ客間だけ貸し切って見に来たい自身はテキトーにどうにか、といったポリシーだったので心配もありませんでした。
原則行為自体は1層ちょっぴりしかしていなかったのですが、主将が卒業後の音響の歳月で新たな同士と好きな曲で権利宣伝があったので、部活で経験しておいて良かったと思います。
部活も音響の学業も、とも楽しかっただ。お金がないときにはカードローンを使って